税理士の探し方

いざ相続相談をするにあたり税理士を探したいと思っても、即座に行動へ移せる人は少ないことでしょう。日ごろから税理士を利用しており、さらにその業界を深く知るといった人はそう多くないはずです。では、相続相談にあたって税理士を探すとなれば、どのような方法が理想的なのでしょうか。

効率的なのは、インターネット上に存在する相談サイトや、税理士事務所のホームページを調べる方法です。重要でありながら難しく感じられやすい相続問題に悩むケースは、決して珍しくありません。そのため、情報をネット検索する人が多く、またその需要に応えるべく運営される専用サイトも豊富に存在するのです。もちろん税理士のみならず、状況に合わせて弁護士や司法書士を比較できるといった便利さが感じられる仕様のサイトも多いです。知識のない素人向けに運営されているサイトがほとんどなので、安心して調べられることでしょう。

またピンポイントに税理士のみ探すのではなく、相続対策専門士をあたるというのも理想的です。税理士をはじめとした各面のプロフェッショナルを、状況に合わせて勧めてくれるので、相続に関する悩みを丸投げできてしまいます。初めての相続で不安がいっぱいといった場合には、こちらの方がより心強く感じられるかもしれません。

相続相談は税理士に

前述で、税理士・弁護士・司法書士・信託銀行などが相続相談の対象になるとご紹介しましたが、任せる相手が違えば、やはり内容も異なってきます。それぞれにメリットデメリットがあるので、慎重に比較しつつ選ぶべきとなります。そして中でも理想的に感じられるのは、税理士であるといえるでしょう。

先に、税理士以外に相続相談する場合の特徴を紹介します。たとえば弁護士であれば、裁判所手続きに発展した場合心強い存在となります。むしろその場合に至っては、弁護士以外正式な代理人になれないほどです。ですが一方で、一般的に費用が高いという特色が付きまといます。状況に応じて検討するべきです。

次に司法書士についてです。司法書士の得意とする部分は、不動産の名義変更です。いわゆる、相続登記と呼ばれるものです。遺産に不動産が含まれるのであれば、検討しておいて損はないでしょう。ただ、相続登記以外対応できないといった司法書士も存在します。相続全般を相談する相手としては、少々心もとないかもしれません。

最後に信託銀行ですが、安心感が感じられるというメリットはあるものの、かなり高額になりやすいのが実情です。そのためこの選択肢を利用するのは、資産家であるケースが一般的です。

一方税理士は、相続相談を得意としているところが多く、また唯一相続税申告に対応できるといった特色を伴っています。お金のプロフェッショナルであるわけですから、安心感が持てるという点も魅力でしょう。いずれにも相談は可能ですが、やはりおすすめは税理士です。

相続相談の重要性

相続相談の重要性は、あらゆる部分から見出すことができます。冒頭で挙げたように、対応しなければならない項目が多いこと、残された親族ののちの生活に深くかかわることももちろんですが、もう一点、特に重要な部分を紹介します。

遺産については、もらうもの、プラスになるものであるわけですから、最悪分配が行き届かなくても問題はありません。もらえるのにもらえないとなると、ある種損ではありますが、それまでと変わらない生活を送り続けることはできるため、そこまで深刻に考える部分でもありません。それ以上に気をつけたいのは、差し引かれる遺産についてです。遺産と聞くと、遺された財産のようにイメージする人が多いかもしれませんが、それだけでもないのが実際のところです。つまり、マイナスの財産と呼ばれるものです。

主には、負債や借入金、損害賠償責任などが該当します。これらを正しく処理しておかなければ、更なる負債や利息が積み重なり、背負いきれないほどのマイナスにすら発展してしまうかもしれません。ですが、プロにしっかり相続相談をしておき、速やかに責任の分配ができていれば、最小限のマイナスで済ませられます。マイナスの財産を背負うこともまた、残された親族の義務のようなものです。相談を重ね、正しく処理しましょう。

相続相談とは

配偶者や親族が亡くなった際、相続の問題についてしっかり考えなくてはなりません。相続は素人だけで正式におこなうことは難しく、専門家に相談するのが一般的です。とはいえ、親族が他界してすぐのタイミングともなれば、そうした問題に気を回すのは大変でしょう。ですが、残された人間がいかに困ることなく生活を続けていけるかもまた、故人への思いやりです。気を引き締めて、しっかり向かい合いましょう。

相続相談は、そんな相続に関する問題を専門家に相談することを指します。一口に相続相談といっても、ただただ遺産分配についてアドバイスを受けるだけでもありません。相続人調査から、土地活用や不動産買取・遺言書作成や執行手続き・登記手続き・相続税に関する調査など、多岐に亘ります。一族の行く末を左右するといっても過言でない重要なことを任せるわけですから、信頼の置けるプロフェッショナルに相談することが欠かせません。

ではいったい、誰に相談すべきなのでしょうか。この点については、いくつかの選択肢から検討することとなります。主には、税理士・弁護士・司法書士・信託銀行などがあります。当ページでは、中でも税理士への相談をおすすめしています。相続相談がなぜ重要であるのか、なぜ税理士がおすすめなのか、そしてどのように税理士を探せばいいのかなど、知っておくべき点を幅広く特集しました。今まさに問題に直面している人はもちろん、今後そういった機会を経験するかもしれないといった場合も、目を通しておいて損のない内容です。ご参考ください。