相続相談の重要性

相続相談の重要性は、あらゆる部分から見出すことができます。冒頭で挙げたように、対応しなければならない項目が多いこと、残された親族ののちの生活に深くかかわることももちろんですが、もう一点、特に重要な部分を紹介します。

遺産については、もらうもの、プラスになるものであるわけですから、最悪分配が行き届かなくても問題はありません。もらえるのにもらえないとなると、ある種損ではありますが、それまでと変わらない生活を送り続けることはできるため、そこまで深刻に考える部分でもありません。それ以上に気をつけたいのは、差し引かれる遺産についてです。遺産と聞くと、遺された財産のようにイメージする人が多いかもしれませんが、それだけでもないのが実際のところです。つまり、マイナスの財産と呼ばれるものです。

主には、負債や借入金、損害賠償責任などが該当します。これらを正しく処理しておかなければ、更なる負債や利息が積み重なり、背負いきれないほどのマイナスにすら発展してしまうかもしれません。ですが、プロにしっかり相続相談をしておき、速やかに責任の分配ができていれば、最小限のマイナスで済ませられます。マイナスの財産を背負うこともまた、残された親族の義務のようなものです。相談を重ね、正しく処理しましょう。