相続相談とは

配偶者や親族が亡くなった際、相続の問題についてしっかり考えなくてはなりません。相続は素人だけで正式におこなうことは難しく、専門家に相談するのが一般的です。とはいえ、親族が他界してすぐのタイミングともなれば、そうした問題に気を回すのは大変でしょう。ですが、残された人間がいかに困ることなく生活を続けていけるかもまた、故人への思いやりです。気を引き締めて、しっかり向かい合いましょう。

相続相談は、そんな相続に関する問題を専門家に相談することを指します。一口に相続相談といっても、ただただ遺産分配についてアドバイスを受けるだけでもありません。相続人調査から、土地活用や不動産買取・遺言書作成や執行手続き・登記手続き・相続税に関する調査など、多岐に亘ります。一族の行く末を左右するといっても過言でない重要なことを任せるわけですから、信頼の置けるプロフェッショナルに相談することが欠かせません。

ではいったい、誰に相談すべきなのでしょうか。この点については、いくつかの選択肢から検討することとなります。主には、税理士・弁護士・司法書士・信託銀行などがあります。当ページでは、中でも税理士への相談をおすすめしています。相続相談がなぜ重要であるのか、なぜ税理士がおすすめなのか、そしてどのように税理士を探せばいいのかなど、知っておくべき点を幅広く特集しました。今まさに問題に直面している人はもちろん、今後そういった機会を経験するかもしれないといった場合も、目を通しておいて損のない内容です。ご参考ください。