相続相談は税理士に

前述で、税理士・弁護士・司法書士・信託銀行などが相続相談の対象になるとご紹介しましたが、任せる相手が違えば、やはり内容も異なってきます。それぞれにメリットデメリットがあるので、慎重に比較しつつ選ぶべきとなります。そして中でも理想的に感じられるのは、税理士であるといえるでしょう。

先に、税理士以外に相続相談する場合の特徴を紹介します。たとえば弁護士であれば、裁判所手続きに発展した場合心強い存在となります。むしろその場合に至っては、弁護士以外正式な代理人になれないほどです。ですが一方で、一般的に費用が高いという特色が付きまといます。状況に応じて検討するべきです。

次に司法書士についてです。司法書士の得意とする部分は、不動産の名義変更です。いわゆる、相続登記と呼ばれるものです。遺産に不動産が含まれるのであれば、検討しておいて損はないでしょう。ただ、相続登記以外対応できないといった司法書士も存在します。相続全般を相談する相手としては、少々心もとないかもしれません。

最後に信託銀行ですが、安心感が感じられるというメリットはあるものの、かなり高額になりやすいのが実情です。そのためこの選択肢を利用するのは、資産家であるケースが一般的です。

一方税理士は、相続相談を得意としているところが多く、また唯一相続税申告に対応できるといった特色を伴っています。お金のプロフェッショナルであるわけですから、安心感が持てるという点も魅力でしょう。いずれにも相談は可能ですが、やはりおすすめは税理士です。